「監視国家中国」を笑えない日本の「硬直社会」 「根回し」と「一国二制度」から考える日中の本質

自由が行き過ぎると、あるいはビジネスがうまくいって大きくなりすぎると、共産党が出てきて、年貢を納めろ、みたいなことになるのですが、そこまでの存在になっていれば、もう中国の若者たちの夢は叶っている。むしろ、日本のほうがなにか狭苦しくて、自由は尊重されているようでいて、実は自由ではない。システムに基づく同調圧力が社会の中で強く残っているような気がします。  岡本:その通りで、逆なんですよね。日本は自由を尊重しますと言っているのは、自由がないからです。一方、中国が強権発動します、権力政治ですというのは、皆、自由でありすぎるからです。  小ぢんまりまとまっている日本や西洋のほうが、もともと自由がないので、その自由を獲得します、保証しますという、そういう体制ですよね。中国のほうは、もう、何をやっていてもよいので、一つにまとまらないから強権を発動しますという、そういうシステムです。 https://toyokeizai.net/articles/-/508090

アクセス

宮城県名取市増田3丁目9番53号
クレセント名取401号

ご利用の地域

石巻市 岩沼市 大河原町(柴田郡) 大崎市 大郷町(黒川郡) 大衡村(黒川郡) 女川町(牡鹿郡)
角田市 加美町(加美郡) 川崎町(柴田郡) 栗原市 気仙沼市 蔵王町(刈田郡) 塩竈市
色麻町(加美郡) 七ヶ宿町(刈田郡) 七ヶ浜町(宮城郡) 柴田町(柴田郡) 白石市 仙台市青葉区
仙台市泉区 仙台市太白区 仙台市宮城野区 仙台市若林区 大和町(黒川郡) 多賀城市 富谷町
(黒川郡) 登米市 名取市 東松島市 松島町(宮城郡) 丸森町(伊具郡) 美里町(遠田郡) 南三陸町
(本吉郡) 村田町(柴田郡)山元町(亘理郡) 利府町(宮城郡) 涌谷町(遠田郡) 亘理町(亘理郡)

お問い合わせください。

ページトップ