旧民法 母の戸籍 子の戸籍

仙台市役所時代のころから、不動産登記の中で相続登記はメイン業務で、、相続人が数十人となる場面に何度も遭遇しました。明治時代の家督相続ならいいのですが、明治時代の遺産相続となると相続人確定に時間と労力を要します。縦の相続だけでなく横の相続も多数でてきます。 ところで、母の戸籍から子の戸籍が判明しない場合があることに今回遭遇しました。 旧民法 第八百二十七条 私生子(後に嫡出に非ざる子に改正)ハ其父又ハ母ニ於テ之ヲ認知スルコトヲ得  父カ認知シタル私生子ハ之ヲ庶子トス この規定をみるとわかりますが、私生子のうち父が認知した場合に、父との関係でその子を庶子と称していました。 この結果、私生子とは、嫡出でない子が生母に対して有する身分であり、原則として、母の氏を称し母の家に入りました。(旧民法733条2項) 母の戸籍にはいるなら、子が判明するのですが、嫡出でない子の戸籍には母の本籍及び氏名が記載されますが、母の戸籍にはその嫡出でない子を出産した事実が記載されないこととしていたようです。 旧民法 第七百三十五条 家族ノ庶子及ヒ私生子ハ戸主ノ同意アルニ非サレハ其家ニ入ルコトヲ得ス  庶子カ父ノ家ニ入ルコトヲ得サルトキハ母ノ家ニ入ル 私生子カ母ノ家ニ入ルコトヲ得サルトキハ一家ヲ創立ス 上記の規定等から、母の戸籍から子の戸籍に繋がらない場合があります。つまり、相続登記の際相続人である子を除いて遺産分割協議とか行われる場合があるということでしょうか。 今回の事例では、結局子の父と婚姻するに至ったので相続人はすべて判明しました。 IMG_1072 IMG_1069

アクセス

宮城県名取市増田3丁目9番53号
クレセント名取401号

ご利用の地域

石巻市 岩沼市 大河原町(柴田郡) 大崎市 大郷町(黒川郡) 大衡村(黒川郡) 女川町(牡鹿郡)
角田市 加美町(加美郡) 川崎町(柴田郡) 栗原市 気仙沼市 蔵王町(刈田郡) 塩竈市
色麻町(加美郡) 七ヶ宿町(刈田郡) 七ヶ浜町(宮城郡) 柴田町(柴田郡) 白石市 仙台市青葉区
仙台市泉区 仙台市太白区 仙台市宮城野区 仙台市若林区 大和町(黒川郡) 多賀城市 富谷町
(黒川郡) 登米市 名取市 東松島市 松島町(宮城郡) 丸森町(伊具郡) 美里町(遠田郡) 南三陸町
(本吉郡) 村田町(柴田郡)山元町(亘理郡) 利府町(宮城郡) 涌谷町(遠田郡) 亘理町(亘理郡)

お問い合わせください。

ページトップ