岩手県平泉町達谷窟毘沙門堂1

岩手県平泉町達谷窟毘沙門堂を訪れてみました。現在の国道4号線からは外れた、世界遺産中尊寺の近くに位置しています。以前は森深い山の中の小道沿いだったのでしょう。 達谷窟も世界遺産に追加登録しようとしているところです。 平安時代の延暦20年(801年)坂上田村麿が達谷窟に籠る悪路王、赤頭、高丸等を激戦の末破り、蝦夷を平定、戦勝は毘沙門天の加護と感じ、達谷窟毘沙門堂を創建したとの記載が毘沙門堂達谷窟縁起にあります。 蝦夷(えみし、えびす、えぞ)は、大和朝廷から続く歴代の中央政権から見て、日本列島の東方(現在の関東地方と東北地方)や、北方(現在の北海道地方)に住む人々を異端視・異族視した呼称である。 蝦夷は古くは愛瀰詩と書き(神武東征記)、次に毛人と表され、ともに「えみし」と読んだ。後に「えびす」とも呼ばれ、「えみし」からの転訛と言われる。「えぞ」が使われ始めたのは11世紀か12世紀である。ウイキペディアより。 また、蝦夷は朝廷から「まつろわぬ(服従しない)民」と呼ばれたそうです。 今回蝦夷の英雄「阿弖流為」が、達谷窟において坂上田村麿に打ち取られた悪路王ではないか、と記憶していたので訪ねてみました。阿弖流為は蝦夷が平定された801年ではなく、802年に田村麿に投降し京に連れられ斬首されています。 しかしながら、毘沙門堂達谷窟縁起には平定時に悪路王は首を刎ねられたとあります。 翌802年には田村麿は別當寺として、達谷西光寺をここに創建しています。 毘沙門堂達谷窟縁起には、悪路王は良民を苦しめ乱暴な振る舞いが多かったと記載されていること、毘沙門天を祀ったこと、別當寺を創建したこと等を見ると、田村麿は蝦夷平定に強敵ゆえ相当難儀したのでしょう。大義名分の無い戦いですし、殺戮を繰り返したわけですから、レクイエムかもしれませんが。 蝦夷の英雄つまり総大将をうちやぶったからこそ、蝦夷の反発を恐れての、正当化のための一連の行動だったのではないでしょうか。 IMG_0428 IMG_0425

アクセス

宮城県名取市増田3丁目9番53号
クレセント名取401号

ご利用の地域

石巻市 岩沼市 大河原町(柴田郡) 大崎市 大郷町(黒川郡) 大衡村(黒川郡) 女川町(牡鹿郡)
角田市 加美町(加美郡) 川崎町(柴田郡) 栗原市 気仙沼市 蔵王町(刈田郡) 塩竈市
色麻町(加美郡) 七ヶ宿町(刈田郡) 七ヶ浜町(宮城郡) 柴田町(柴田郡) 白石市 仙台市青葉区
仙台市泉区 仙台市太白区 仙台市宮城野区 仙台市若林区 大和町(黒川郡) 多賀城市 富谷町
(黒川郡) 登米市 名取市 東松島市 松島町(宮城郡) 丸森町(伊具郡) 美里町(遠田郡) 南三陸町
(本吉郡) 村田町(柴田郡)山元町(亘理郡) 利府町(宮城郡) 涌谷町(遠田郡) 亘理町(亘理郡)

お問い合わせください。

ページトップ