中将藤原実方朝臣の墓4 歴史より葬り去られようとした才人

平安中期の人、藤原一門のなかでも由緒ある家柄に生まれ、風流と美貌を兼ね備えた貴公子と言われる中将藤原実方朝臣。 名取市愛島には中将藤原実方朝臣のゆかりの地がたくさんあるといいます。 「中将実方朝臣の墓」という名取市観光協会のパンフレットによると(名取市史にもあるのでしょう) 馬蹄地(暴走した馬を茲めたという所) 寓舎地(怪我をした実方が土地の人の家に担ぎ込まれそこを仮宿として介抱された、仮宿) 文捨山(実方が京の友人へ手紙を出そうとしたが果たせず、これを捨てた所) 尸崎(われ神罪によってこうなった。死せし後屍を2.3日さらして後人の戒めとせよの遺言により実方の屍をさらした所) 釜場(実方を火葬にした所) 笠掛の松(われ死せる後京より家人訪ねて来たらん時の印に常用の笠をかけて置くべしの遺言によって掛けられた松) 仮宿という地名はあります。宮城県名取市愛島塩手仮宿。その他は見たことがありません。公正証書遺言でもあったんでしょうか。罪人に仕立て上げられた実方。反省材料がないのに反省遺言。京の貴族は当時火葬にしていたようですが、骨なら京に持って帰れるでしょう。痕跡抹消。由緒ある家柄なのですから。また、地方長官の手紙を京に持って帰れないなんて、物理的に不可能でしょう。すべて実方を追放した人物、ないしはその周辺の意図が感じられるものばかりです。 その死後、京の賀茂川の橋の下に実方の亡霊が出没すると言う噂が流れたり、死後にスズメに転生して宮中の米を食い荒らしたとの伝説もあるそうです。京人の判官びいきか。 追放した人物はだれかわかりませんが、当時は藤原道長が権力を奪っていく過程にあったようです。 中将藤原実方朝臣の墓はひどいものです。土盛りでね。 私自身の結論ですが、実方は首謀者ないしその周辺人物に、才能を妬まれないしは危険視され、陸奥国という辺境の地に追放され、任期終了間近に意図的にか落馬させられ、治療技術がないので粉砕骨折かなにかで治癒できず、死亡。政権中枢からは、骨も手紙も排除され、それゆえ義経と同様京人の判官びいきにより伝説が生まれたものと考えました。 しかしながら、この歴史的事件は、大才能ある人物をいくら歴史から葬ろうとしても、その才能、実績故、不可能であることの証左ではないでしょうか。 IMG_0383DSCF9089DSCF9090

アクセス

宮城県名取市増田3丁目9番53号
クレセント名取401号

ご利用の地域

石巻市 岩沼市 大河原町(柴田郡) 大崎市 大郷町(黒川郡) 大衡村(黒川郡) 女川町(牡鹿郡)
角田市 加美町(加美郡) 川崎町(柴田郡) 栗原市 気仙沼市 蔵王町(刈田郡) 塩竈市
色麻町(加美郡) 七ヶ宿町(刈田郡) 七ヶ浜町(宮城郡) 柴田町(柴田郡) 白石市 仙台市青葉区
仙台市泉区 仙台市太白区 仙台市宮城野区 仙台市若林区 大和町(黒川郡) 多賀城市 富谷町
(黒川郡) 登米市 名取市 東松島市 松島町(宮城郡) 丸森町(伊具郡) 美里町(遠田郡) 南三陸町
(本吉郡) 村田町(柴田郡)山元町(亘理郡) 利府町(宮城郡) 涌谷町(遠田郡) 亘理町(亘理郡)

お問い合わせください。

ページトップ