源頼朝による文治の役(1189年頃)の古戦場 宮城県村田町 韮神山 「芭蕉の句碑」「藤原実方の歌碑」

韮神山  宮城県柴田郡村田町大字沼辺字韮神 https://www.nihon-kankou.or.jp/detail/04322af2170017540 宮城県柴田バイパスにあるので、大河原町で司法書士を開業しここを通るたびに、韮神山は大河原町とずっと思っていました。村田町なんですね。この辺は柴田町、大河原町、村田町がいりくんでいます。名取より20キロくらい南に位置しています。名取市に司法書士事務所を移転して、仙台法務局大河原支局に行く今でもここを見て通り過ぎます。案内板を見ると、バイパス工事の際、歌碑などが道路から見えるこの場所に集められたようです。 韮神山には「芭蕉の句碑」、「藤原実方の歌碑」等があります。また、ここは、源頼朝による文治の役(1189年頃)の古戦場です。地元ではあまりいい印象のないところのようです。 案内板には、 昭和56年4月、国道4号柴田バイパス工事に係る事業のため、山の一部が失われましたが、昔の面影が残っています。山の上には多くの 黄韮が自生していたので住民がこれを山の神の霊としてあがめ、このことから韮神山の名が生まれました。と記載されています。 「芭蕉の句碑」 芭蕉に心酔していた大河原町の俳人村井江三が、弘化3年(1846年) この句碑を建てたとされています。   「鶯の 笠おとしたる 椿かな」 藤原実方の歌碑である「憚りの関の歌碑」 「やすらわで おもひ立ちにし みちのくに ありけるものを 憚りの関」 ためらいもせずに思い立って来た東国だったのに、いざ「はばかりの関」に来てみると、その名の通り、気が引けてしまうのです。とういう意味だそうです。 万治元年1658年 建立。 光源氏のモデル、才人と言われた実方、平安中期の人、藤原一門のなかでも由緒ある家柄に生まれ、風流と美貌を兼ね備えた貴公子と言われる中将藤原実方朝臣。 995年陸奥守を命じられ任地に赴く時の歌でしょうか。無念の思いを感じざるを得ませね。陸奥国に赴任して数年後の長徳4年(998年)、陸奥守としての4年の任期が終わり京に帰還する寸前で、実方は赴任先で不慮の死を遂げることとなります。墓は名取市愛島塩手字北野42。土盛りの墓です。 IMG_2941 IMG_2939 IMG_2936 IMG_2968

アクセス

宮城県名取市増田3丁目9番53号
クレセント名取401号

ご利用の地域

石巻市 岩沼市 大河原町(柴田郡) 大崎市 大郷町(黒川郡) 大衡村(黒川郡) 女川町(牡鹿郡)
角田市 加美町(加美郡) 川崎町(柴田郡) 栗原市 気仙沼市 蔵王町(刈田郡) 塩竈市
色麻町(加美郡) 七ヶ宿町(刈田郡) 七ヶ浜町(宮城郡) 柴田町(柴田郡) 白石市 仙台市青葉区
仙台市泉区 仙台市太白区 仙台市宮城野区 仙台市若林区 大和町(黒川郡) 多賀城市 富谷町
(黒川郡) 登米市 名取市 東松島市 松島町(宮城郡) 丸森町(伊具郡) 美里町(遠田郡) 南三陸町
(本吉郡) 村田町(柴田郡)山元町(亘理郡) 利府町(宮城郡) 涌谷町(遠田郡) 亘理町(亘理郡)

お問い合わせください。

ページトップ